【小笠原・父島】小笠原の郷土料理『ダンプレン』が食べられるテツヤキッチン

グルメ

※2019年11月末日を持って閉店のようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

くつろぎの宿てつ家(@ogasawaratetsuya)がシェアした投稿

※記事の内容は、2019年8月時点の情報です。

どーも。なおとです。

今回は小笠原諸島・父島にある『TETSUYA KITCHEN(テツヤキッチン)』に行ってきました。

小笠原の郷土料理『ダンプレン』が食べられる数少ないお店です。

小笠原で食べた料理の中でもテツヤキッチンのダンプレンはかなり美味しいかったので、ご紹介していきます。

アクセス抜群!父島ビューホテルの1階

おがさわら丸が発着する二見港の目の前。父島ビューホテルの1階にありアクセス抜群です。

このエリアはホテルの下に3-4軒ほどおいしいお店が立ち並んでいてかなり便利です。

赤いパラソルが目印!

赤いパラソルが目印です。

店内にテーブルとカウンターで14席・テラスは8席ほどのこじんまりとしたお店。

落ち着いた雰囲気で、全品テイクアウトも可能でした。店内は、Wi-Fiの利用も可能です。

郷土料理『ダンプレン』を注文

こちらが小笠原郷土料理のダンプレンです。ご飯とセットで1,100円。単品は、900円です。

そもそもダンプレンとは、鶏肉ベースのだしに島野菜などを加えた塩味のスープに、小麦粉を水と卵で溶いた団子を入れた『洋風すいとん』のことです。

『ダンプレン』という名称は英語で団子を意味する『Danpuren』が訛って伝わったそう。

だしのベースになっている、鶏肉。

小麦粉を水と卵で溶いた団子。

肝心の味ですが、めちゃくちゃ美味い!!!

単純に自分の好みの味だったのかもしれませんが、鶏肉ベースの塩の効いたスープの味が初めて食べたにも関わらず懐かしさを感じるほど馴染みやすくどハマり

決して、珍しい食材を使っているわけでもなくシンプルな食材ですが、味もボリュームも大満足の一品でした。

全然ダンプレンの美味しさを言葉で伝えられないので、ぜひ食べてみてください。笑

他のメニュー

てつ家カレー(1,100円)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao(@hapipon70)がシェアした投稿

テツヤキッチンのまとめ

小笠原の郷土料理のダンプレンは家庭料理としても親しまれているそうですが、私のリサーチ力ではダンプレンを食べれるお店をテツヤキッチン以外で見つけることができませんでした

ぜひ、ダンプレンを食べにテツヤキッチンに行ってみてください!

ラベル名

住所:東京都小笠原村父島字東町
営業時間:10:30〜15:30
定休日:不定休
電話番号:04998-2-2800
公式HP:tetsuyakitchen.com