【さすけ食堂】千葉県金谷の『黄金のアジフライ』が絶品すぎた。

グルメ

どーも。なおとです。

今回は「黄金のアジフライ」と検索すると最初に出てくる『さすけ食堂』に行ってきました!

「所詮アジフライでしょ?スーパーで150円あれば食えるよ。」と、お思いの方。

たかがアジフライ。されどアジフライ。

私は、この金谷のアジフライを食べてからアジフライの概念が変わりました。今まで食べてきたアジフライはなんだったのかと。

ということで、黄金のアジフライ『さすけ食堂』を紹介していきます。

黄金のアジフライとは…。

まず黄金のアジフライと聞いて思ったこと。

『黄金のアジフライ』ってなんだろう…。

 

「アジ…。」

 

「黄金のアジ…。」

 

「アジフライ…」

 

「黄金のアジフライ…」

(編集雑ですみません。天ぷらみたい…。)

何が黄金なのか分からないけど、とりあえずイメージだけ膨らませて、いざ千葉県の金谷へ!


車・フェリー・電車でもいける!

アクセス

都内からアクアラインを使えば約1時間程度、高速や有料道路を使わなければ2〜3時間程度です。

更に、久里浜からフェリーで約40分ほどで行くことができます。

営業時間

営業時間:10:00〜16:00
定休日: 火曜〜木曜(金曜〜月曜の営業)

なくなり次第、営業終了です。

駐車場

店の目の前に7〜8台あります。
お店の裏にも数台置けるみたいです。

↓こんな感じ

到着。

めちゃくちゃ混むと噂なので、11時に到着。(10時到着を目指していたが遅れた…。)

お店の前は既にこの状態。30組以上待ち。

夫婦や家族連れ、ツーリング仲間同士が多いようです。ということで、しばし待つことに。

待ち時間の楽しみ方

①裏の海辺でのんびりと

さすけ食堂の脇道から裏手に抜けるとちょっとした海辺がありました。

少し深いところはクラゲが浮遊してるので、泳ぐのは微妙ですが足だけ入る程度なら十分楽しめるかと思います。

②お土産屋『ザ・フィッシュ』

さすけ食堂から歩いて5分。フェリー乗り場のすぐ近く。南房総のマーケットプレイスこと「the Fish」です。

千葉のお土産や千葉の海鮮がかなりの品数揃っているので、ゆったりとお土産選びをするのも良いでしょう。

③鋸山観光

ロープウェイ乗り場までは、さすけ食堂から歩いて10分程度。

鋸山をがっつり回る予定がなければ1時間程度で戻ってこれるので、行くことは可能です。

がっつり回る場合はさすけ食堂に戻ってくるまで2時間以上かかると思いますので、際どいところです。

※注意点

どの待ち方を選んでも、注意点があります。

お店に案内される約30〜40分前に注文を聞かれます。その時にその場にいないと飛ばされてしまいますので、ご注意ください。

ぜひその日の混み具合の様子を見て待ち時間をお過ごしください。

※13時には営業終了の看板が。

13時以降に到着した人は残念ながら、この日は諦めるしかありませんでした。

店員のおばちゃんも「今日はかなり混んでる方だね〜」と言ってましたが、休日にせよ平日にせよとにかく早く行くことをお勧めします。

メニュー

一番人気の、さすけ定食。
アジフライ3個に刺身付き。1500円。

アジフライ定食。
刺身なし、アジフライ5個で、1200円。

カジメ(海藻)を練りこんだカジメらーめん。
アジフライ3個付き。1200円。

カジメらーめんは単品もあります。700円。

店頭のメニューにはありませんが、絶品と噂のなめろうもあります。

ただ、この日は既に品切れでした。
(品切れというよりかは、その日の漁獲量によって販売するか決まるようです。)

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukaさん(@yucca0208)がシェアした投稿

さすけ定食を注文。

結局、2時間40分ほど待ちようやく店内へ。

店内は座敷10名、カウンター10名程度の大きさの為、待っている組数というより団体(6名〜10名)のお客さんの有無でかなり時間が前後しますね。

一番人気のさすけ定食を注文。

こちらが噂の黄金のアジフライ。

アジフライは言うまでもなく美味しいのですが、個人的にはこのアジの刺身がとにかく肉厚で「アジっ!!!!!!」って感じでめちゃくちゃ美味かったので、初めての方はさすけ定食をおすすめします。

2時間40分待ちお腹空きすぎて早く食べたかった為、写真はこの3枚しかありません。笑

とにかくアジの肉厚さが別格です。この写真では全然伝わってない気がしますが、「アジってこんな肉厚なの…!」って絶対なります。

絶対です。食べてもらえればわかります。

 

もっと美味しそうな写真を見たい方は、Instagram『さすけ食堂』検索結果をどうぞ

黄金のアジフライの正体。

とにかく肉厚で絶品だった黄金のアジフライ。

調べてみると「黄金のアジ」と呼ばれる理由がわかりました。

アジには回遊性のものと根や瀬に付く2種類がいる。金谷で獲れるアジは根や瀬に付く種類で、餌が豊富なために脂肪の乗りがよく肉厚になる。同じアジでも、回遊性のアジは黒っぽく、根や瀬に付くアジは金色にを帯びて光る。

ということで、イメージとしてはこれが正解。

※あくまでイメージです。実際の金谷のアジの写真は入手できませんでした。

さすけ食堂のまとめ

本当にこのアジフライに関しては、人生で一度は食べてもらいたい。

大げさかもしれませんが、アジフライの概念が変わります。私の語彙力では全然伝えることができないので、食べて感じてみてください。笑

営業日に注意して、とにかく早めに行くことを強くおすすめします。せっかく行ったのに受付終了してた!なんてことがないようにお気を付けください。

以上、『さすけ食堂』の『黄金のアジフライ』でしたっ!