カップルにおすすめ!レンタサイクルの旅

カップル

 

こんにちは!いちなです。

“旅先を自転車でまわる”ってどんなイメージですか?

自転車で旅をしているって人も最近はたくさんいますよね。

でも自分の力だけで動かす自転車。
体力に自信ないから、自転車で移動するのは嫌…って方も多いのでは?

わかります。
私もどちらかというと、できれば自転車に乗りたくない派の人間でした。
疲れるし、フラフラするし…。
(乗るのが下手なんです。笑)

先日旅先でなおとに誘われ、2人でレンタルサイクルしました。
そのときに、とある気づきが。

実はこの移動手段、カップルにおすすめなのでは?!

カップルで旅するときの移動手段って、普通は車のイメージじゃありませんか?

でも、私はカップルでの移動手段にレンタサイクルをおすすめしたい!

今回は、
レンタサイクルのメリットデメリット。
なぜカップルの旅先での移動手段におすすめか
をお伝えします。

最後に私たちが旅した場所の中から厳選して、レンタサイクルがおすすめな旅先も紹介しちゃいます!

それではどうぞ〜!



レンタサイクルのメリット


まずはメリット。

  1. 安い
    歩く以外で一番安いのはやっぱりこれ。
  2. 歩くより早く移動できる
    歩きだと行けない場所も、自転車だと行けますよね。時間も半分以下!
  3. 駐車場を探す必要がない
    旅先に車で行ったとき、困るのは駐車場があるかないか。パーキングを探すのは大変だしお金もかかります。
  4. 下り坂が気持ちいい
    スピードがでる下り坂。風を感じれます。
  5. 自分のペースでいく場所を決められる
    夕日が綺麗なので寄り道をしたい!そんなときも自分で決められます。車の走っている道路の途中では止まれませんよね。
  6. 他の移動手段では見逃すことも見逃さない
    車やバスだと見逃してしまう景色って、いっぱいあるんです。そういうものって、ゆっくり自分のペースで走るからこそ見つけられることってありますよね。

レンタサイクルのデメリット


続いてはデメリット。

  1. 疲れる
    自分の力で漕ぐしかない自転車。
    長い距離を走るとやっぱり疲れます。
  2. 汗をかく
    これはデートの大敵ですよね。
    特に夏場に自転車を漕いだらもう汗だく。
  3. 遠すぎると行くのが嫌になる
    車と比べれば、遠くに行くのはやっぱり大変。行くことをまず諦めてしまうことも…。
  4. 上り坂に弱い
    上り坂の自転車は本当にキツイ。
    立ち漕ぎにも限度があります。

なぜレンタサイクルはカップルにおすすめ?

正直デメリットを見ると、あまり良くないのでは…?と思う人、多いと思います。

全て喧嘩の原因になる可能性がありますよね。

 

お互い疲れてヘトヘトになって無言…。

汗をかいて化粧は崩れて不機嫌…。

彼は行きたい場所があるけど、彼女にとっては遠くて行きたくない…。

▼上り坂が多すぎてなんで他の道を調べてくれなかったの、と案内していた方にイライラ…。

 

わかる。あるある。
疲れたり自分に余裕がないと、相手につい当たっちゃうこともありますよね。

でも、このレンタサイクルのデメリットこそ、裏を返せば私がおすすめする理由になります。

人は誰しも体力は違いますよね。

カップルだってそう。
余裕がなくなることもあるでしょう。

でもそんなときにも、楽しく旅行がしたいならちょっとだけ相手のことを考える必要が出てきます。

私は、カップルで旅するときに重要なのは何かをこう考えています。

”気づかい”

これさえできれば、レンタサイクルのデメリットは、全てメリットに変えることができます。

レンタサイクルのカップルにおけるメリットは、

 

お互いに疲れたときは、相手を励ますことができるorできる人なのか知れるチャンス!

汗でボロボロになったって、気にしない相手なのか判断できるチャンス!

自分の意見を言えて、相手の意見も聞けて、最終どう判断するのかちゃんと決断できる相手なのかを知れるチャンス!

ミスや大変なこともポジティブに捉えてくれる人なのかを知れるチャンス!

 

気づかいが少しもできない相手と、ずっと一緒にいるのは難しいのではないでしょうか?

相手が本当にずっと大切にできる相手なのかを見極めることができる。

そして相手に、自分をアピールできるチャンス。

お互いの関係を深められるからこそ、私はレンタサイクルでの移動をおすすめします。

 

もちろんカップルで旅するのは、他にもメリットがいっぱい。

こんな景色を2人でゆっくり見れちゃいます。

注意事項

レンタサイクルには注意しなければならない点も。

  1. 道順はGoogleマップで調べましょう
    実はGoogleマップ、調べると坂が多いか平坦な道か教えてくれます。
    何箇所かルートがあるのであれば、近道よりも坂が少ないルートを選びましょう!
    下手すると、上り坂をずっと手で押すことになります。笑
  2. 電動自転車を選ぶのもあり!
    坂が多すぎる場所など、体力的に無理そうな場所では電動自転車を選ぶのもあり。電動アシストが付いていれば坂道が多くてもかなり楽になります。
  3. 水分休憩はこまめにしましょう
    熱中症の対策はしっかりと!喉が乾いたと思ったときにはもう遅いです。こまめに水分補給をして、体調の悪いときは決して無理しないでくださいね。

レンタサイクルにおすすめの観光地

自転車で旅先を回りたい!
でも一体どこが良い?

そんな方のために、私たちが実際に行った旅先の中から、レンタサイクルで回ってよかった場所をお伝えします。

与論島


2人でレンタサイクルをした場所です。
坂道が多いので、調べると自転車は選ばない方がいいという情報が。笑
でもちょっと遠回りすれば、比較的上り坂が少ない道があるんです。
島の大きさも、広すぎでもなく狭すぎでもなく自転車で回るのにちょうどいい大きさでした。
もし細かいルートを知りたければぜひ聞いてください!

京都

京都は自転車で走るのにとっても良い場所なんです!私は京都市内を自転車で移動たくさんしてきました。自転車さえあれば、京都市内は全て回れるくらいなんです。
ただ、南から北の方面はずっと上り坂になっているのでそのルートはしない方が○。東と西で進めるルートを選びましょう。
ゲストハウスで自転車がレンタルできる場合が多いので手軽にレンタサイクルできます。

 

【海外でのレンタサイクルもおすすめです!】

アユタヤ


タイのアユタヤです。ここは、なおとがひとり旅のときにレンタサイクルしました。
遺跡が有名な場所で、象乗り場や水上マーケットもあるのでタイに訪れた人は一度ぜひ訪れて欲しい観光地。
ここは遺跡同士が離れた距離にあります。
歩くのはきついので、タクシーかトゥクトゥクという乗り物をチャーターするか、レンタサイクルが一般的。
バンコクから電車で行って、アユタヤ市内は自転車で回るのが最安の鉄板コース!

カンチャナブリ

こちらもタイ。”戦場にかける橋”で有名な場所です。私がひとり旅のときにレンタサイクルしました。
レンタサイクル屋さんは街の中にいくつかあるので好きなところを選びましょう。
こちらもあまり坂はなく、快適に自転車で回れます。
私が自転車で行ってとってもよかったのはカオプーン洞窟近くの展望台。
クウェー川を眺められる、私の大好きな場所です。

まとめ


レンタサイクルでカップル旅、いかがでしょうか?

日本国内も海外も、自転車で回ると新しい発見があると思います。

私もレンタサイクルをしたときに体力は使ったけど、とっても楽しかったです。
相手の気づかいって、疲れているときほどありがたかったりするんですよね。

カップルの絆をさらに深めるためにも、たまにはレンタサイクルを選んでみては?