【野柳地質公園】台北の謎の奇岩スポット野柳をご紹介!野柳への行き方も!

どーも。なおとです。

今回は、台北→野柳→十份→九份→台北と台北の観光地をごそっと回ったので各スポットの紹介と行き方をご紹介したいいと思います!

1日で周遊するのは、なかなかハードでしたが時間的には全然周ることができました。

『Yehliu』や『Yeliou』と記述され発音的には『イェーリオゥ』です。

野柳のメインのクイーンズヘッドは風化の影響で地震などが来たら倒壊する可能性があり、あと5年程で折れるのではないかと言われてるいるそうです。




野柳ってどこ?


野柳は台北の北東に位置し、台北駅からバスで1時間15分くらいです。

バス1本で行けるので、寝てれば着きます。(終点ではないので乗り過ごさないように)

台北→野柳と淡水→野柳のバスがあります。

バス停から少し歩くと野柳地質公園の入口に到着です。

チケットは80元/人

こちらがチケット売り場。

入場時間は、午前8時から午後5時まで。

料金は、大人 80元。約300円くらいです。

▼大人のチケット

いざ、奇岩ゾーンへ

入口からも多少歩きます。

奇岩ゾーンへ行く途中。

こんな感じでがっつり禁止線が引かれてます。

ちなみに監視員がいたる所にいて、この赤線を超えると「ピピッー!」と笛で注意されます。

 

9時30分頃。写真にはあまり多くの人は写っていませんが、実際は結構いました。

奇岩ゾーン!人が多い。

基本こんな感じでみんな記念撮影しています。

写真に人が写らないように撮っていたので、あまり写ってませんが実際はめっちゃいます。

きのこ的な岩。

サンダル岩。

地球岩。この丸さが自然にできるってすごい。

クイーンズヘッド。

正面から撮るには、行列に並ばないといけなくて諦めたので違う角度からの一枚。

違う角度から見るとなんかブサイク。

ちゃんとした角度から見るとこんな感じで女王の頭に見えます。

奇岩ゾーンから岬の先端へ

クイーンズヘッドから、先端の方に向かって歩いてみました。

約1キロくらいで15分ちょい歩きます。奇岩ゾーンの人混みが嘘かのようにまったく人がいません。

歩いて

歩いて

歩いて

歩いて

特に何もありませんでした。笑

こんな感じのちょっといい景色は見れます。

先端にある休憩スペースで少し休憩して戻りました。

出口へ

出口近くに、ラストの奇岩。女豹らしいです。

出口を出て外に行くと特産街があります。いい感じの雰囲気だったのでふらっと寄りました。

台湾のいたる所で牡蠣がこの状態で置かれてるけど大丈夫なんかな…。(食べる勇気はない)

これで野柳は終了!案外面白かったし、なにもないって書いた先端の方も人がいなくてゆったりできて良かった。

とにかく中国人中国人中国人中国人って感じでちょっと疲れてたのでちょうどよかった。

続いて、十份へ〜。