【航空券は1月6日までに!】1月7日から出国税1000円が加算されます。

 

2019年1月7日から導入される「出国税」

海外に行く際、必ず1000円徴収されることになります。

2019年1月6日までに今後予定している航空券を購入すれば1月7日以降の出国でも出国税がかかりません。

ということで、直前ですが出国税についてまとめてみました。

出国税とは?

2019年1月7日、日本にも「出国税」が導入されます。正式には「国際観光旅客税」と呼ばれ、日本を出国する際に課される税金です。

外国人旅行者向けの制度と勘違いする人もいますが、国籍に関係なく日本人も一律1000円/人が徴収されます。(一部例外あり)




どこでお金取られるの?

空港で徴収されることはありません。

航空券購入時に1000円が加算されます。(ツアーの場合はツアー料金等)

航空券はそもそも購入時に、運賃に加え燃油サーチャージや空港利用料などさまざま名目での料金が加算されているので、1000円が上乗せされても気づかない人もいるかもしれません。

例外

前述しましたが、出国税が一部免除されるケースもあります。

①日本入国後24時間以内に出国する人
②年齢が2歳未満の人

日本入国後24時間以内に出国する人に該当するのは、日本の空港で乗り継ぐ時に短時間で観光する外国人旅行客がほとんどなので、日本人にはあまり関係がないかと思います。

いつから?

ここがポイントです。

2019年1月7日以降に購入する航空券から出国税が徴収されます。

2019年1月7日以降の航空券ではありません。

つまり2019年1月7日以降に海外へ行く場合でも2019年1月6日までに航空券を購入すれば出国税はかかりません

国際線の予約開始はだいたい11ヶ月前からですので、2019年12月までの海外旅行の日程が決まっている方は1月6日までに買うだけで1000円お得です。

4人家族の旅行なら4000円の節約です。


目的と使用用途は?

出国税の導入によって年間400億円の財源が確保できる見通しで、その税収は「快適な旅行のための環境整備」「体験型観光の満足度向上」「日本の魅力に関する情報発信強化」に使われるとされています。

オリンピックに向けての整備が主になるのではないでしょうかね。有効に活用されることを願います。

他にも出国税がある国は?

実は、珍しいものではありません。

韓国は「出国納付金」という名前で1万ウォン(約1000円)

アメリカは、「ESTA申請料」という名前で14ドル(約1600円)

オーストラリアは「出国旅客税」という名前で60オーストラリアドル(約4900円)

オーストラリアの4900円に比べたら日本で導入される1000円はまだ可愛いもんですね。

結論

2019年1月6日までに航空券を買うと1000円お得なので2019年12月までの海外旅行の旅程が決まってる方は航空券を買っちゃいましょう。